一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

阪神で集団感染、1軍戦は実施=糸原、岩貞らコロナ陽性7人―プロ野球



プロ野球阪神は25日、主将の糸原健斗内野手(27)、岩貞祐太投手(29)、陽川尚将内野手(29)、馬場皐輔投手(25)、浜地真澄投手(22)と1軍スタッフ2人を合わせた計7人が新型コロナウイルス感染の有無を調べるPCR検査で陽性と判定されたと発表した。集団感染が発生したとみられる。1、2軍の選手、監督、コーチら141人は陰性だった。

感染が判明した糸原、岩貞、陽川は19日の中日戦(ナゴヤドーム)後に名古屋市内の飲食店を貸し切って計8人で外食をした。その際に参加した福留孝介、江越大賀両外野手、木浪聖也内野手、小林慶祐投手は濃厚接触者には当たらないものの、出場選手登録を外れた。また19日に浜地、馬場と名古屋市内で外食し、濃厚接触者と判定された岩崎優、小川一平両投手も登録を外れ、25日は計10人が出場選手登録から外れた。

この日、阪神は9人を1軍登録。ナイターのヤクルト戦は東京・神宮球場で予定通り開催された。

阪神は3月にも藤浪晋太郎投手ら3人が新型コロナに感染した。

【時事通信社】 〔写真説明〕糸原健斗選手 〔写真説明〕岩貞祐太選手 〔写真説明〕陽川尚将選手 〔写真説明〕馬場皐輔選手

2020年09月25日 21時36分


関連記事

岩隈が現役引退=日米170勝、今季限

首位川崎、新記録11連勝=F東京は3

デアリングタクトが牝馬3冠制覇=史上

稲森、2年ぶり2度目V=2位谷原、石

C大阪が暫定2位浮上=横浜Mに快勝―

東海大野球部で大麻使用の疑い=寮で数

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース