一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

脳内の重要分子を可視化=治療法開発に期待―横浜市大など



横浜市立大などの研究チームは20日、脳の働きを支える重要な分子「AMPA受容体」を生きた人の脳内で可視化することに成功したと発表した。同受容体はうつ病やてんかんなどとの関連が指摘されているが、生体内で可視化する技術がなく、臨床応用は進んでいなかった。論文は米医学誌ネイチャー・メディシンに掲載された。

神経細胞同士が接するシナプスでは、発信側細胞から分泌されるグルタミン酸などの神経伝達物質が、受け手側の受容体と結合して情報が伝わる。AMPA受容体はグルタミン酸の主要な受容体で、多くの機能や疾患に関わることは基礎研究で分かっていたが、生きた人の脳内での観察は難しかった。

横浜市大の高橋琢哉教授らは、AMPA受容体だけに結合する分子に放射性同位元素を付けた陽電子放射断層撮影(PET)用の化合物を開発。安全性を確認した上で、健常者とてんかん患者に投与したところ、患者の病巣部に同受容体が多く集積している様子が見えた。

高橋教授は「可視化により根拠のある診断や治療法の開発につながると期待している」と話している。

2020年01月21日 01時29分

society


関連記事

京産大の感染者16人に=都内では13

植松被告の死刑確定=控訴取り下げ、一

志村けんさん死去、70歳=新型コロナ

東京で新たに68人感染=最多更新、全

善意のマスク、各地で届く=「鬼滅」「

特定技能、利用進まず=開始1年、在留

騒音、夏季に悪化の恐れ=付近住民は懸

西山さん「真っ白な判決を」=元看護助

専門家「食料買いだめ控えて」=備蓄十

東京都、「感染源不明」増加に懸念=若

3割「外出できず困る」=一斉休校、児

夜行バスに若者次々=「東京出られなく

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース