一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

衆院選「菅内閣の将来占う」=自民・二階俊博幹事長インタビュー



自民党の二階俊博幹事長は21日、時事通信のインタビューに応じた。任期満了まで1年となった次期衆院選について「菅内閣最初の選挙だ。極めて重要な選挙だ。菅内閣の将来を占うと言っても過言ではない」と強調。勝敗ラインには「評論家が幾つと言うのは当然だが、実際に選挙を戦う身にはせんえつだ」と言及を避けた。

「将来を占う」との意味について、二階氏は「菅内閣が将来長きにわたって日本の国政を担当できるか、短命に終わるかは、この選挙の結果によって大いに左右される」と説明。菅義偉首相の胸中を「いつ解散すればいいか、選挙をどう戦うか毎日のように考えているはずだ」と推し量り、「首相も大変な決断の下に解散というカードを切る。党は懸命の支援を惜しまない」と表明した。

衆院選に向け、10カ所程度の小選挙区で競合する同党候補者の調整が課題となっている。二階氏は「現職優先を基本に置くが、勝てる候補者でなければ問題にならない」と指摘。情勢分析で当選が厳しいと判断すれば、現職候補でも差し替える可能性を否定しなかった。

新型コロナウイルス感染症の収束が見通せない中、党内に国民一律の給付金再支給を求める声がある。二階氏は「財政状況を見ると大盤振る舞いできる状況ではない。給付金は国民の税金だ。政府・与党としては慎重でありたい」と述べた。

与党外交にも触れ、自らが米国を訪れて「新しい日米協力」をめぐり要人と協議する意向を明らかにした。二階氏は「われわれが相手のために何ができるのか、相手はどういう貢献をしてくれるのかを対等な立場で話し合わなければいけない」と語った。

【時事通信社】 〔写真説明〕インタビューに答える自民党の二階俊博幹事長=21日午後、東京・永田町の同党本部

2020年10月21日 19時05分


関連記事

「1月解散」見送りの公算=菅首相、コ

コロナ対策、年度末の期限延長へ=6カ

重点27品目で生産強化=輸出拡大へ和

雇用悪化回避へ予防措置=政府、コロナ

警鐘無視できず転換=「トラベル」めぐ

民間議員、研究開発の基金提言=コロナ

菅首相、札幌・大阪発の自粛呼び掛け=

札幌・大阪出発停止を容認=GoToト

19年の政党支出、154億円増=選挙

政府が新型コロナ対策本部=GoTo「

雇調金特例、2月末まで延長=新型コロ

改正郵便法が成立=土曜配達、来秋にも

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース