一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

米「大きな政府」鮮明=財源、議会が壁―政権予算案



【ワシントン時事】バイデン米政権は9日、2022会計年度(21年10月~22年9月)予算教書で、政策支出となる「裁量的経費」の大幅増額を議会に求めた。財政支出を膨らませ社会福祉を充実させる「大きな政府」を目指す民主党色を強く反映した。だが実現には財源や議会の壁が立ちはだかる。

歳出の3割強を占める裁量的経費は前年度比8.4%増の1兆5224億ドル(約167兆円)。トランプ前政権が重視した国防予算の伸びをほぼ横ばいに抑える一方、気候変動対策や教育、公衆衛生などを含む非国防予算は16%も増やした。

特に貧困層の子供が通う学校支援に過去最大となる365億ドルを要求。環境保護局(EPA)向け予算は21%増を提案する一方、トランプ前大統領がこだわったメキシコ国境の壁建設予算はゼロと明記し、社会福祉政策の拡充を求める民主党左派の意向が強くにじんだ。

この配分案に対し、野党共和党のマコネル上院院内総務らは声明で、国防予算の不足は「敵対する中国とロシアのみならず、同盟国にも間違ったサインを送っている」と批判した。

今回の予算教書は「トランプ前政権が円滑な引き継ぎをしなかった」(政府高官)ため、完全版の策定ができなかった。歳入や財政収支の見通し、インフラ整備などに2兆ドル超を投じる成長戦略は盛り込まれず、今後発表する予定だ。

一方で、トランプ政権下で過去最悪の水準に達した財政赤字は膨張に歯止めがかからない恐れがある。バイデン大統領は法人税増税など企業への課税を強化し財源を確保すると明言しているが、共和党は強く反対している。

予算案を可決するには、与野党が同数の上院(定数100)で60の賛成票が必要。バイデン氏は9日ホワイトハウスで、「超党派の支持が得られると期待している」と述べたが、「大きな政府」を志向する予算案は妥協を迫られる可能性がある。

【時事通信社】 〔写真説明〕バイデン米大統領=9日、ホワイトハウス(EPA時事)

2021年04月10日 14時46分


関連記事

セブンの米コンビニ買収「違法」=当局

外食大手、3社が業績「未定」=コロナ

かんぽ、郵政出資50%未満に=最大4

きらやか銀、粟野頭取が引責辞任=過去

青森・みちのく、24年合併=福井は福

再編へ共同持ち株会社=エア・ドゥとソ

「脱炭素」電源、6割に引き上げ=30

日本郵政、純利益13%減=郵便物減少

米セールスフォースで障害=日本もワク

4月街角景気、3カ月ぶり悪化=3度目

物価上昇、成長戦略に逆風=野党との協

東京株、3日で2000円超下落=米物

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース