一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

「涼」まとい猛暑乗り切れ=ファン付き衣料・手持ち扇風機―行動制限なく、お出掛け需要復活



全国的に梅雨明けが早く、厳しい暑さが続く今夏。涼しさを求め、ファン付き衣料品や手持ち型の扇風機などが売れている。新型コロナウイルスの感染者数は高水準にあるものの、3年ぶりに行動制限がない夏を快適に乗り切るため、お出掛け需要に応える商品の人気が復活している。

絶好調なのが、作業服などを手掛けるワークマンが力を入れる小型ファン付き衣料。20種類以上を展開し、完売製品も出ているという。工事現場での利用が多かったが、アウトドアなどで使う人が急増。「もともと機能性は抜群だが、デザイン性を高めて日常使いできるようにしている」(同社)といい、女性が着られるサイズもそろえた。

冷感素材を使った衣料品も好調だ。ワールドの女性や子ども向けブランドの関連品販売は、7月に前年同月比6割増加。通勤を含めビジネス需要の復活で、三陽商会の定番夏用ジャケットの売れ行きも4割伸びた。

持ち運びできる小型扇風機は昨夏に続いて人気で、家電量販店ノジマでは「店頭に出しては売れ、補充しては売れる」状況だ。首にかけて使うネッククーラーなどのタイプが「今年のトレンド」(ビックカメラ)といい、両手を空けられる使い勝手の良さが受け入れられている。

真夏の強い日差しを受け、清涼飲料や汗拭きペーパーなども売れている。キリンホールディングスは、塩分が採れる「ソルティライチ」の8月生産量を昨年より4割増やす。マンダムの調査では、7月を中心に男性向け「ボディーペーパー」の売り上げは昨年の2割増しだ。花王のビオレの日焼け止めは先月、シリーズの販売が3割増となった。

生活雑貨大手ロフト(東京)では7月、冷感スプレーや冷感ジェル入りアイマスクなどの関連商品が昨年の1.5倍も売れ、在庫のない店舗があるという。都内のローソンとナチュラルローソンでは電子レンジで解凍して飲むフローズンドリンクが人気だ。

【時事通信社】 〔写真説明〕ワークマンで人気のファン付き衣料品=5日、東京都豊島区 〔写真説明〕店頭に並ぶ手持ち型扇風機(左)とネッククーラー=5日午後、東京都千代田区のビックカメラ有楽町店

2022年08月09日 15時30分


関連記事

アルツハイマー新薬の効果確認=エーザ

八十二銀、長野銀と合併へ=来年6月に

円下落、一時144円台後半=為替介入

東京株、一時600円超安=欧米景気の

政治の動向、小売りを翻弄=日系の中国

今年の中国成長率、2.8%=見通し大

円買い介入、3兆円規模=円安阻止へ過

円下落、144円台半ば=介入警戒も軟

東京株、722円の大幅安=景気後退懸

日中企業、半世紀で関係深化=松下電器

為替介入「必要で適切」=円安、急速か

シェール増産、機運高まらず=原油高も

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース