一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

東京五輪の開催可否、5月までに判断?=IOC委員が見解



【ニューヨーク時事】新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受けて、国際オリンピック委員会(IOC)委員のディック・パウンド氏(カナダ)が東京五輪・パラリンピック開催について一部米メディアのインタビューに応じ、開催可否の判断は5月下旬までに下されるとの見通しを述べた。25日、米メディアが一斉に報じた。

パウンド氏は、事態が収束しない場合について、「おそらく中止を検討することになる」との見解も示した。

1978年から委員を務めるパウンド氏は、別の都市での代替開催は準備期間の短さから困難とコメント。開催延期に関しても、北米プロスポーツのシーズンと重なるため、巨額の放映権料を支払う北米テレビ局が応じないだろうと話した。

【時事通信社】

2020年02月26日 11時27分

sports


関連記事

ソフトバンクは選手が要望、自主練習開

五輪再スタート厳しく=準備にマイナス

スポーツが消えた日常=新たな役割考え

東京五輪「来夏しかなかった」=渡辺守

消えた欧州の日常=公式戦再開めど立た

選手村マンション、補償焦点=入居遅れ

4月24日開幕断念、当面延期=レギュ

夏・名古屋場所を2週間延期=中止や変

プロ野球、開幕当面延期=Jリーグは再

再開日程を白紙=早くても5月下旬―J

コロナ感染の田嶋会長退院=五輪はU2

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース