一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

「メダル偏重」問題視=パラバドミントン再選考促す―日本スポーツ仲裁機構



日本スポーツ仲裁機構は8日、日本障がい者バドミントン連盟に2021年度強化選手指定のやり直しを求める判断を下したと発表した。パラリンピックで実施されない種目の選手2人が、強化選手から外れたことで仲裁を求めていた。仲裁を担当した山内貴博弁護士は判断理由の説明で、同連盟の強化方針を「メダル獲得に偏重し過ぎている」と指摘。4年に1度のパラリンピックに絞られている点を問題視した。

発表によると、日本障がい者バドミントン連盟は近年、強化指定をパラリンピックでメダル獲得の可能性がある選手に集中。19年度に30人だった強化選手が21年度は17人に減っていた。

日本スポーツ仲裁機構執行理事の上柳敏郎弁護士は、五輪実施競技団体などへの波及について、「そのときどきの仲裁パネルの判断で一概に言えないが、それなりの影響があるのではないか」と話した。

【時事通信社】

2021年04月08日 21時36分

sports


関連記事

松山、マスターズ制覇=日本男子初のメ

松山がメジャー制覇=日本男子初の快挙

川崎が4連勝=名古屋、8戦連続無失点

松山、単独首位に浮上=2位と4打差、

池江が4冠=出場種目全て優勝―競泳日

水沼、川本が五輪代表=男子100バタ

池江、400リレーも五輪代表=200

川崎、通算300勝=神戸が3位に浮上

佐藤翔馬が日本新、武良竜也も五輪切符

北朝鮮が東京五輪・パラ不参加=新型コ

横浜M、C大阪を下す=J1

本多、200バタ連覇で五輪へ=女子2

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース