一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

五輪聖火リレー、都内でリハーサル=石原さとみさん「気持ち高揚」



2020年東京五輪聖火リレーのリハーサルが15日、東京都内で行われ、羽村、国分寺、八王子の3市で合わせて約2.3キロを計22人が走った。車両の準備などのため、羽村市で約15分、八王子市では約10分スタートが遅れた。

羽村市で走者を務めた聖火リレー公式アンバサダーで女優の石原さとみさんは「気持ちが高揚して、あっという間。トーチの重さは感じなかった」と振り返った。羽村市では車列を組み、国分寺市の遊歩道「お鷹の道」では走者だけでリレー。八王子市の富士森公園では、本番各日の終点で聖火の到着を祝うイベントのリハーサルが行われた。

本番を想定し、交通規制は大会組織委が都と警視庁の協力を得て実施。点火はしなかったが本物のトーチを使い、ランナーは実際のユニホームを着用した。約1000人のスタッフで運営し、全国の自治体担当者ら約500人が視察した。

公道での交通規制や車列の組み方などがリハーサルの主な目的。組織委の聖火リレー担当者は「致命的な問題は発生せず、ある程度形になった。時間的な部分の課題は改善したい」と話した。

組織委によると、国際オリンピック委員会(IOC)のアドバイザーは「非常に行き届いたイベントだった。リハーサルですら、沿道の皆さんの興奮(度合い)は高かった」とコメントした。

【時事通信社】 〔写真説明〕東京五輪聖火リレーのリハーサルで笑顔を見せる女優の石原さとみさん(右)=15日午前、東京都羽村市 〔写真説明〕東京五輪聖火リレーのリハーサルで、沿道に手を振りながら走る女優の石原さとみさん=15日午前、東京都羽村市

2020年02月15日 20時58分


関連記事

ソフトバンクは選手が要望、自主練習開

五輪再スタート厳しく=準備にマイナス

スポーツが消えた日常=新たな役割考え

東京五輪「来夏しかなかった」=渡辺守

消えた欧州の日常=公式戦再開めど立た

選手村マンション、補償焦点=入居遅れ

4月24日開幕断念、当面延期=レギュ

夏・名古屋場所を2週間延期=中止や変

プロ野球、開幕当面延期=Jリーグは再

再開日程を白紙=早くても5月下旬―J

コロナ感染の田嶋会長退院=五輪はU2

ウィンブルドン、75年ぶり中止=戦争

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース