一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

難病の遺伝子治療薬承認へ=米国では2億円―厚労省



厚生労働省の専門部会は26日、筋力が低下する難病「脊髄性筋萎縮症(SMA)」の遺伝子治療薬の製造販売を了承した。年度内にも厚労相が正式承認し、今夏にも公的医療保険の対象とする見通しだ。先行して承認した米国での価格は2億3000万円と世界最高額とされ、国内での価格に注目が集まっている。

SMAは、運動神経細胞を維持するタンパク質をつくる遺伝子の異常が主な原因となり、運動神経細胞が減って筋力が低下する難病。了承されたのはスイスの製薬大手ノバルティスファーマの「ゾルゲンスマ」で、病気を引き起こす力を持たない「アデノ随伴ウイルス」に遺伝子を入れ、運動神経細胞に届けてタンパク質をつくり出す仕組みだ。

投与は点滴1回のみ。海外で行われた臨床試験(治験)では、治療しなければ2歳までに9割が死亡するか人工呼吸器が必要になる重症型の患者15人が、投与から2年たっても全員人工呼吸器なしで生存できたと報告された。

【時事通信社】

2020年02月26日 17時06分

society


関連記事

東京、新たに144人感染=1日の最多

通勤客まばら、オフィス街閑散=緊急事

新型コロナ、1カ月で収束も=企業と個

東京80人、大阪で最多53人=各地で

不安や戸惑い、街に交錯=緊急事態「遅

9年ぶり魚市場再開=震災と原発事故で

東京、休業対象公表先送り=5月6日ま

N国・立花党首を書類送検=NHK契約

文科省が2班態勢へ=出勤と在宅2週間

国内感染者、4000人超=東京は新た

食品「十分な量ある」=買いだめ不要、

休校長期化で子育て負担=支援団体、D

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース