一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

森法相、解釈変更めぐり答弁修正=検事長定年延長、安倍首相「問題なし」



衆院予算委員会は26日午後、安倍晋三首相と関係閣僚が出席して集中審議を行った。黒川弘務東京高検検事長の定年延長について、森雅子法相は国家公務員法に関する過去の政府見解をめぐる自身の答弁を事実上修正した。国民民主党の玉木雄一郎代表は、黒川氏の定年延長撤回を求めたが、首相は「何ら問題ない」と拒否した。

近藤正春内閣法制局長官は26日の予算委で、法務省から1月17日ごろに「検察官は国家公務員法の定年延長の適用外」とする過去の政府見解を踏まえ、解釈変更の相談があったと説明。しかし、森氏は2月19日の同委で、過去の政府見解を知った時期について「人事院から考えを示された時期」と述べ、1月24日前後との認識を示していたため、食い違いが生じた。

玉木氏が矛盾をただすと、森氏は19日の自身の答弁について、「解釈の変更時期ということで答弁した」と述べ、質問を取り違えたと釈明したが、答弁の撤回には応じなかった。玉木氏は、実際には野党議員が過去見解を国会で取り上げた2月10日まで把握していなかったのではないかと指摘し、「うそにうそを重ねている」と非難した。

また、一宮なほみ人事院総裁は、解釈変更に関する法務省との協議文書について、法務省の辻裕教事務次官と人事院の森永耕造事務総長との間で直接確認されたと明らかにした。自民党の谷公一氏への答弁。

一宮氏は、両幹部間で1月22~24日に文書がやりとりされたと説明。野党側は文書に日付がないことも問題視しているが、一宮氏は「直接文書を渡しており、記載する必要がなかった」と反論した。

【時事通信社】 〔写真説明〕衆院予算委員会で答弁する安倍晋三首相=26日午後、国会内

2020年02月26日 18時20分


関連記事

米FRB、250兆円緊急供給=異例の

スピード感削ぐ国・都対立=休業要請で

理髪店、休業対象除外へ=東京都、10

休業要請で隔たり=外出自粛徹底では一

繁華街、人の流れが3割減=ビッグデー

緊急事態、愛知追加で調整=知事要請受

地方選延期へ議員立法=「緊急事態」地

安倍首相、金融機関に協力要請=7都府

30万円給付、遠い不安払拭=必要でも

休業要請で隔たり=政府と都、遅れる対

過去最大108兆円、主要国と足並み=

損失補償など国に要請へ=コロナ緊急事

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース