一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

山下会長、謝罪も続投の意向=パワハラ疑惑「私の責任大きい」―全柔連



全日本柔道連盟の事務局(東京都文京区)で、管理職の元職員によるパワーハラスメントがあった疑いが浮上した26日、山下泰裕会長が都内で記者会見し「私の責任が非常に大きい。会長としての職責を果たしていなかった」と謝罪した。その後、オンラインで開かれた全柔連の常務理事会で会長職を続ける意向を示したことが分かった。

全柔連は昨年春に事務局内で新型コロナウイルスの集団感染が起きたことを受け、調査委員会を立ち上げた。この際、元職員からパワハラを受けたとの証言が集まったため、調査に動いた連盟内のコンプライアンス委員会が11月、パワハラ行為を認める報告書を作成。本人は否定したという。

その後の対応は山下会長に一任されたが、連絡が取れないまま元職員は退職。処分を科す上で必要な弁明の機会を与えられず、パワハラの認定に至らなかった。会長は隠蔽(いんぺい)の意図を否定したものの「この案件を公開した方がいいとは正直、思っていなかった」と述べた。

関係者によると、山下会長は常務理事会では「今後はこのようなことが起きないように努める」と再発防止の決意を示した上で、続投の意欲を語った。出席者からは後押しする声があった一方、否定的な意見は出なかったという。

山下会長は日本オリンピック委員会(JOC)の会長も務めている。

【時事通信社】 〔写真説明〕山下泰裕

全日本柔道連盟会長

2021年02月26日 23時55分


関連記事

予選と選考会が本格化=テスト大会など

松山がメジャー制覇=日本男子初の快挙

松山、マスターズ制覇=日本男子初のメ

川崎が4連勝=名古屋、8戦連続無失点

松山、単独首位に浮上=2位と4打差、

池江が4冠=出場種目全て優勝―競泳日

水沼、川本が五輪代表=男子100バタ

池江、400リレーも五輪代表=200

川崎、通算300勝=神戸が3位に浮上

佐藤翔馬が日本新、武良竜也も五輪切符

北朝鮮が東京五輪・パラ不参加=新型コ

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース