一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

自公政権4年に審判=コロナ・経済対策競う―衆院選公示、31日投開票【21衆院選】



第49回衆院選が19日公示され、31日の投開票に向けて12日間の選挙戦が始まった。衆院選は4年ぶりで、安倍、菅、岸田各政権に対する国民の審判の場となる。新型コロナウイルス対策や日本経済の立て直しが主な争点。自民、公明両党の連立政権が継続するか、立憲民主党を中心とする野党勢力が政権を奪取するかが焦点だ。

衆院選は2017年10月以来。コロナ禍も影響して衆院解散の時期が遅れ、投開票日が現憲法下で初めて任期満了(21日)後にずれ込んだ。投開票までは、岸田政権発足から27日間、解散から17日間で、ともに戦後最短となる。

今回の衆院選は計465議席(小選挙区289、比例代表176)をめぐる争い。岸田文雄首相(自民党総裁)は与党で過半数(233議席)確保を勝敗ラインに据える。立民は共産、国民民主、れいわ新選組、社民4党と210超の小選挙区で候補者を一本化し、自公過半数割れを目指す。

【時事通信社】 〔写真説明〕衆院選が公示され、第一声を上げる与野党の9党首。左から社民・福島瑞穂党首、国民・玉木雄一郎代表、共産・志位和夫委員長、立民・枝野幸男代表、自民・岸田文雄総裁、公明・山口那津男代表、維新・松井一郎代表、れいわ・山本太郎代表、N裁党・立花孝志党首=19日

2021年10月19日 17時31分


関連記事

雇用保険料、来年度引き上げ=コロナで

ワクチン3回目前倒し明言=「可能なと

参院選へ動き本格化=与野党幹部、地方

「飲む中絶薬」月内申請へ=国内初、海

低リスク帰国者は自宅待機=岸田首相「

「経済あっての財政」強調=来年度予算

前倒し接種「高齢者から」=オミクロン

ローン控除率、一律引き下げへ=減税規

賃上げ税制、中小最大40%控除=大幅

F16タンク投棄「極めて遺憾」=岸防

コロナ補正「戦後最大の例外」=経済・

岸田首相収入、1.5億円超=集金力で

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース