一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

米政府、来月資金枯渇も=「債務上限」で与野党対立



【ワシントン時事】米連邦政府の「債務上限」問題が、議会の与野党対立で暗礁に乗り上げている。上限引き上げなどの措置を講じなければ、政府の財政資金は「10月中のいつか」(イエレン財務長官)に枯渇する見込みだ。しかし、野党共和党はバイデン政権による巨額の財政支出を批判し、与党民主党に協力しない方針を堅持している。

「(問題に)対処できなければ、深刻な国家安全保障上の損害になる」。クリントン政権当時のロバート・ルービン氏やブッシュ政権時のヘンリー・ポールソン氏ら、歴代財務長官6人は議会指導者らに宛てた22日付の公開書簡で、連邦政府が資金不足でデフォルト(債務不履行)に陥ってさまざまな行政機能がまひし、経済に大きな打撃を与えるリスクを警告した。

債務上限はこれまで何度も引き上げられてきた。ただ、近年は党派対立の深刻化で、交渉がこじれることが多い。オバマ政権下の2011年には、有力格付け会社が米国の信用格付けを引き下げ、株価が急落。金融市場が混乱する事態に見舞われたこともある。

民主党は21日、過半数を握る下院で、債務上限の適用を22年末まで一時凍結する法案を可決した。一方、与野党が50議席ずつで拮抗(きっこう)する上院では野党の協力が不可欠だ。

ところが共和党は、上院トップのマコネル院内総務が「民主党が歴史的な巨額支出を望むなら、われわれの助けなしに債務上限を引き上げなければならない」と対決姿勢むき出し。バイデン大統領が看板に掲げる政策の教育や子育て、気候変動対策を盛り込んだ3兆5000億ドル(約390兆円)規模の財政出動に反対で、協調には程遠い。

一方、民主党が譲歩し、財政出動を縮小すると、今度は党内左派の反発を招くことになる。債務上限をめぐる与野党の「危険なゲーム」(大手格付け会社)は、落としどころが見えない状況だ。

〔写真説明〕米共和党のマコネル上院院内総務(手前)=21日、ワシントン(EPA時事)

2021年09月26日 15時44分


関連記事

不動産税、試験実施へ=価格抑制と格差

NY株、2カ月ぶり最高値=米企業の好

中国恒大、利払い綱渡り=デフォルト回

G7、強制労働排除で一致=中国の人権

強制労働排除で一致=中国念頭、仕組み

資本提携「異業種含め検討」=敵対的T

脱炭素化政策に異論噴出=エネルギー価

買収防衛策、賛成多数で可決=少数株主

日産、来月にかけ3割減産=三菱自も軽

政府、再エネ比率を倍増=温室ガス46

気候変動で大国間競争過熱=安保リスク

恒大、利払い実施へ=デフォルト、ひと

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース