一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

トランプ氏、党に影響力誇示=「天敵」チェイニー氏下す―米共和予備選



【ワシントン時事】11月の米中間選挙に向けた共和党予備選が16日、西部ワイオミング州で行われ、トランプ前大統領批判の急先鋒(せんぽう)だった現職リズ・チェイニー下院議員がトランプ氏の「刺客」候補に敗北した。2024年の大統領選出馬を視野に入れるトランプ氏が、党内での衰えぬ影響力を示した形だ。

「チェイニーは政治的忘却の深みに消え去り、そこで今より幸せに暮らすだろう」。トランプ氏は16日、自身の創設した交流サイト(SNS)「トゥルース・ソーシャル」への投稿で勝ち誇った。

チェイニー氏はブッシュ(子)政権で副大統領を務めたディック・チェイニー氏を父に持ち、現在3期目を務める。昨年1月の連邦議会襲撃事件を検証する下院特別委員会で、副委員長として「米国の内なる脅威は前大統領だ」とトランプ氏の責任を厳しく追及。共和党内の「反トランプ派」の象徴になると同時に、トランプ氏による「報復」の最大の標的にもなった。

チェイニー氏は16日、支持者を前に予備選の敗北演説を行い、「トランプを二度と大統領にさせないため、できることは何でもする。これはわれわれ皆の戦いだ」と捲土(けんど)重来を誓った。

共和党では「20年大統領選はトランプ氏が勝った」などと過激な主張をする「トランプ派」と、「反トランプ派」との分断が深刻化している。チェイニー氏の勝敗は党の針路やトランプ氏の力を占う試金石とみられ、ワイオミングの予備選が注目を集めていた。

議会襲撃事件後、トランプ氏を弾劾裁判にかけることに賛成票を投じた共和党下院議員10人のうち、チェイニー氏を含む4人が予備選で敗退。4人は再出馬を断念し、11月の本選に駒を進めたのはわずか2人だ。一方、ワシントン・ポスト紙によると、現職以外でトランプ氏が支持した候補は、約8割が予備選を勝ち抜いた。共和党は「トランプ党」の色合いを強めつつある。

だが、トランプ氏はスパイ防止法違反や機密文書持ち出しなどの容疑で、連邦捜査局(FBI)の捜査を受ける身だ。共和党は捜査を「司法の政治利用」と批判し、トランプ氏擁護でおおむね結束しているものの、万が一トランプ氏が有罪となれば、党の方向性を見失う危うさをはらむ。

〔写真説明〕16日、米西部ワイオミング州の共和党予備選で、支持者を前に演説をするリズ・チェイニー下院議員(AFP時事)

2022年08月17日 14時32分


関連記事

ロシアのパイプライン損傷、爆発も=ガ

「賛成9割」、30日に編入宣言=早く

台湾孤立化「世界の流れ」=蒋介石、部

「住民投票」最終日=プーチン氏、領土

ロシア編入賛成「97~98%」=ウク

「世論分断」「旧統一教会」に焦点=安

ロシア、ウラジオ領事を一時拘束=日本

中国の日本語学習者増加続く=正常化で

極右党首が初の女性首相に=勝利宣言、

予備役、28日に出国禁止=逃亡・抗議

ロシア、日本領事を拘束=「金銭提供で

極右党首が勝利宣言=初の女性首相誕生

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース