一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

「人質司法」批判に反論=法務省HPで―ゴーン被告逃亡



法務省は21日、日産自動車前会長カルロス・ゴーン被告の国外逃亡前の長期勾留などに国際的な批判が出ていることを受け、日本の司法制度について「人質司法には当たらない」などと反論するQ&A形式の解説をホームページに掲載した。

Q&Aは計14で英語版でも読める。日本の刑事司法は「人質司法」ではないかとの問いに対し、「身柄拘束によって自白を強要するものとなっておらず、批判は当たらない」などと指摘。日本では長期の身柄拘束が行われているのではないかとの疑問には「日本における身柄拘束の期間は必要かつ合理的なもの」と説明している。

2020年01月21日 14時56分

politics


関連記事

流行見据え方針策定を=安倍首相、新型

与党、28日までの予算案衆院通過期す

進まぬマスク供給=政府対策に疑問の声

感染対応、国際ルール提起へ=クルーズ

検察官定年、65歳に=法務省、自民に

逃亡防止策の強化諮問=ゴーン被告事件

日韓、来月10日に政策対話=輸出管理

検察官の定年延長、正式決裁なし=解釈

あおり運転を厳罰化=妨害目的の前方停

20年度一般会計当初予算案、35府県

感染防止策に批判噴出=クルーズ船対応

「検察人事介入」深まる対立=政府答弁

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース