一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

英王子夫妻、今後の生活の糧は?=声優やブランドビジネスも



【ロンドン時事】英王室公務からの引退が決まったヘンリー王子とメーガン妃。王室から離れ、経済的自立を目指す2人の希望がかなえられた形だが、公的資金に依存せずどのように生活していくのか。新生活に臨む夫妻の今後をめぐり、さまざまな臆測が飛び交っている。

18日の王室声明によると、夫妻は「公務から退き、公金は受け取らない」方針。「民間人」となる2人の収入源は明らかにされていないが、王子には母親の故ダイアナ元皇太子妃が残した多額の遺産があるほか、父チャールズ皇太子からの王族公領の利益配分も引き続き受け取る見通しだ。講演や著作で稼ぐことも十分考えられる。

元女優のメーガン妃は、芸能界に復帰するとの見方が多い。ネットフリックスと契約して映画制作に乗り出すほか、アニメ映画の声優として生計を立てる可能性もある。王子は昨年、米ウォルト・ディズニーの幹部に妻を声優として売り込む姿が目撃されている。

2人は昨年、自分たちの爵位を用いた「サセックスロイヤル」ブランドの商標登録の手続きを行った。登録分野は書籍や衣類、教育関連サービスなど。独自ブランドのビジネスで自己資金調達を目指すもようだが、王室が連想される商業活動がどの程度認められるかは不明だ。

夫妻はロンドン近郊ウィンザーの自宅に住み続けるが、改修に使われた公金240万ポンド(約3億4300万円)は返済する。家賃や維持費も支払っていかなくてはならない。夫妻にとって「一般人」のように、今後は金銭的な心配事が増えることになりそうだ。

【時事通信社】 〔写真説明〕ヘンリー英王子(右)とメーガン妃=2019年3月、ロンドン(AFP時事)

2020年01月20日 21時05分


関連記事

戦闘の死者60人超える=アルメニアと

米大統領、最高裁判事に保守派バレット

初のトランプ・バイデン対決へ=29日

世界のコロナ死者100万人=9カ月足

英王子夫妻、米大統領選「介入」?=投

係争地で大規模戦闘、複数の死者=アル

難民制度改革、難航は必至=東欧から早

欧州、コロナ感染拡大で再規制=地元か

北朝鮮の正恩氏、異例の謝罪=「大統領

中国大使、米に猛反発=対コロナで「目

後任最高裁判事にバレット氏=保守派、

ベラルーシ制裁、発動足踏み=トルコ問

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース