一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

青森・みちのく、24年合併=福井は福邦子会社化―地銀再編加速



地方銀行の生き残りを懸けた再編が加速してきた。青森銀行(本店青森市)とみちのく銀行(同)は14日、2024年4月の合併を目指すことで基本合意したと発表した。同日には、福井銀行も同じ福井市内に本店を置く福邦銀行の子会社化を決定。茨城県を地盤とする筑波銀行(本店土浦市)はインターネット金融大手SBIホールディングス(HD)との資本提携を決めた。

再編の背景には、人口減少と長引く超低金利に新型コロナウイルス禍が追い打ちとなり、地銀の経営環境が厳しさを増していることがある。

青森県内で長らくライバル関係にあった青森銀とみちのく銀は、22年4月に共同で持ち株会社を設立し、その2年後の合併を目指す。両行の県内での融資シェアは合計7割に達する見通しで、例外的に統合を容認する独禁法特例法の認可を求める。決まれば、金融機関で適用第1号となる見込み。持ち株会社の社長は青森銀、副社長はみちのく銀から出す。青森銀の成田晋頭取は14日の記者会見で、「青森にしっかりとした金融インフラを残すためにどうあるべきかが原点だ」と強調した。

【時事通信社】 〔写真説明〕経営統合で基本合意した青森銀行の成田晋頭取(左)と、みちのく銀行の藤沢貴之頭取=14日午後、青森市

2021年05月14日 19時52分


関連記事

インフラ投資、8年で134兆円=バイ

永山議長の再任否決=東芝、経営混乱に

ウィンドウズ11を発表=6年ぶり新O

景気判断、据え置き=「弱さ増している

「物言う株主」脱ハゲタカ=天下り禁止

永山議長の再任焦点=東芝、25日に株

みずほ総会、坂井社長に1割反対=シス

みずほFG、坂井社長が陳謝=システム

スポンサー企業、見えぬ宣伝効果=開催

「過労死ライン」柔軟運用を=残業80

英、TPP参加交渉開始=初の拡大、輸

東芝、2月の監査委報告公表=「不当な

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース