一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

新制度「育成就労」を創設=技能実習廃止、小泉法相に提言―有識者会議



外国人技能実習制度の見直しに関する政府有識者会議(座長=田中明彦・国際協力機構理事長)は30日、現行制度の廃止と新制度「育成就労」の創設を求める最終報告書を、小泉龍司法相に提出した。未熟練の外国人を育成し、中長期的な就労につなげるのが狙い。政府は来年の通常国会に関連法案の提出を目指す。

新制度は、深刻な人手不足を踏まえた「人材確保」の目的を強調。育成期間は3年間で、技能検定と日本語能力試験に合格すれば、最長5年働ける「特定技能1号」に移行可能とする。「特定技能2号」の試験に合格すれば、家族帯同が認められて在留期限も事実上なくなる。

【時事通信社】 〔写真説明〕外国人技能実習制度の廃止を求める政府有識者会議の最終報告書を受け取る小泉龍司法相(左)=30日午後、法務省

2023年11月30日 18時44分


関連記事

新交付金、現役世代も対象=能登地震、

能登地震「支援を一層拡充」=岸田首相

「食料の武器化」に懸念=政府、不測時

母子手帳のデジタル化加速=スマホで健

物心両面でウクライナ支援=中国にらみ

日中、処理水巡り担当者協議=先月、首

「ポスト岸田」自民でうごめき=石破、

TSMCに7300億円支援=熊本第2

株高、賃上げに追い風期待=政権浮揚効

自動車運送など4分野追加へ=特定技能

衆院政倫審、28・29日開催=安倍・

42道府県でマイナス予算=コロナ関連

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース