一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

元白鵬に2階級降格の厳罰=宮城野部屋「一門預かり」へ―北青鵬の暴力問題で・相撲協会



日本相撲協会は23日、東京・両国国技館で臨時理事会を開き、元横綱白鵬の宮城野親方(38)に対し、弟子の幕内北青鵬(22)=本名アリューナー・ダワーニンジ、北海道出身=が暴力行為を繰り返していた責任を問い、監督義務違反などで委員から無役の年寄へ2階級降格と報酬減額(3カ月、20%)の懲戒処分を科すことを決めた。北青鵬に関しては、理事会の前に提出された引退届を受理した上で、引退勧告に相当する懲戒だったと確認した。

元白鵬が師匠の宮城野部屋については、3月の春場所は所属する伊勢ケ浜一門によって師匠代行に任命された親方が部屋を監督。4月以降は当面の間、宮城野部屋を同一門が預かって元白鵬を師匠、親方として指導、教育を行うことを検討する。相撲協会によると、処分を言い渡された宮城野親方は「師匠として重く受け止め、深く反省している」などと述べた。

相撲協会の役職で年寄は、定年後に再雇用される参与を除けば最下位に当たる。降格は相撲協会の7段階の処分で解雇、引退(退職)勧告に次いで3番目に重い。

北青鵬はモンゴル生まれ、札幌市育ち。2020年春場所初土俵、23年春場所新入幕。身長204センチの大器で期待されたが、弟弟子に対して顔面や睾丸(こうがん)を平手打ちするなど、日常的に悪質な暴行を加えていたことが問題視された。

【時事通信社】 〔写真説明〕弟子の北青鵬(右)の暴力問題について、報道陣を前に謝罪の言葉を述べる元横綱白鵬の宮城野親方=23日、東京都墨田区の宮城野部屋

2024年02月23日 20時05分


関連記事

日本、パリへ白星発進=松木がゴール―

シェフラーが2年ぶり優勝=松山は38

水原容疑者出廷、保釈される=米連邦地

大谷、日本勢最多175号=日米通算1

G大阪、5戦ぶり勝利=J1

橋本が4連覇=2位は岡、3位は萱―全

C大阪が首位浮上=東京ダービーはドロ

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース