一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

中国、処理水放出に反対=日本産水産物を禁輸―震災13年



【北京時事】東日本大震災が起きてから13年がたった。中国政府は東京電力福島第1原発で生じた処理水を「核汚染水」と呼び、海洋放出にも反対。昨年8月には日本産水産物の全面禁輸に踏み切った。日本側は措置の撤回を求めているものの、「話は進んでいない」(日中関係筋)のが実情だ。

「日本産食品の放射性物質汚染リスクを強く懸念している」。税関総署は昨年8月24日、処理水の海洋放出が始まった直後に声明を出し、日本産水産物の禁輸を発表した。11月に米国で開催された日中首脳会談では、習近平国家主席が処理水の放出を自ら強く批判した。

日本産水産物の輸入は9月以降、統計上ほぼゼロで推移している。今月24日で放出から半年を迎えたが、中国側は「食品の安全と民衆の健康を守るための、完全に正当かつ合理的で必要な措置だ」(外務省報道官)と主張。周辺国などが参加する国際モニタリング体制の構築を求め、禁輸解除に応じる姿勢は示していない。

北京市内の日本料理店を最近訪れると、出てきたマグロはスペイン産だった。「以前は日本産だったが、夏から変更した」(店主)という。2023年の貿易統計によると、日本産魚介類の輸入額は前年比で約4割減少。一方、スペインや韓国からの輸入は増えており、日本産からの切り替えが進んでいるもようだ。

日本側は措置の撤回を求め続けている。今年1月には訪中した日本の財界首脳が会談相手の李強首相に対し、この問題を改めて提起。しかし、中国側の反応はつれなかったという。

中国の強硬な対応の背景には世論の存在があるとの見方もある。中国では放出直前に官製メディアを通じ、連日、日本産水産物は「安全でない」との報道が続けられた。市民の間で日本の商品を危惧する動きが広がり、塩の買いだめなども起きた。ある日系食品メーカー関係者は「政府はこれまでの主張との整合性についても考える必要があるはずだ」と指摘した。

別の日系食品メーカー幹部によると、昨年夏には、北京市内の一部スーパーで自社商品の販売を断られる事態も起きた。販売額は処理水放出前の水準に戻っていない。「禁輸は日中関係にとってもマイナスなはずだ。早く撤回してほしい」と訴えた。

【時事通信社】 〔写真説明〕北京市内の日本料理店=3日 〔写真説明〕北京市内の市場に並ぶ魚介類=7日

2024年02月24日 14時08分


関連記事

指標次第で追加利上げ=国債購入減を模

東京株、1000円超下落=中東情勢悪

23年度消費者物価、2.8%上昇=生

為替、日米韓の意思疎通成果=鈴木財務

首都圏新築マンション最高値=東京23

ウクライナへ「揺るぎない支援」=G7

「日の丸連合」実現なるか=半導体材料

日本は財政健全化推進を=債務膨張、G

訪日客、単月最高308万人=3月、コ

コンテンツ産業の実態調査=契約適正化

世界経済のリスク議論=為替、中東情勢

輸出、過去最高100兆円超=23年度

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース