一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

NY株、6日ぶり反落=個人消費に不透明感



【ニューヨーク時事】17日のニューヨーク株式相場は、個人消費をめぐる不透明感が意識され、6営業日ぶりに反落した。優良株で構成するダウ工業株30種平均は前日終値比171.69ドル安の3万3980.32ドルで終了。ハイテク株中心のナスダック総合指数は164.43ポイント安の1万2938.12で引けた。

朝方発表された7月の米小売売上高が前月比横ばいと、市場予想の0.1%増を下回ったほか、小売り大手の決算が弱い内容だったことで、インフレによる個人消費の鈍化懸念がやや広がった。ダウ平均は前日までに5営業日続伸したため、利益確定の売りが出たことに加え、米長期金利の上昇がハイテク株の重しになった。

2022年08月18日 06時36分

economy


関連記事

アルツハイマー新薬の効果確認=エーザ

八十二銀、長野銀と合併へ=来年6月に

円下落、一時144円台後半=為替介入

東京株、一時600円超安=欧米景気の

政治の動向、小売りを翻弄=日系の中国

今年の中国成長率、2.8%=見通し大

円買い介入、3兆円規模=円安阻止へ過

円下落、144円台半ば=介入警戒も軟

東京株、722円の大幅安=景気後退懸

日中企業、半世紀で関係深化=松下電器

為替介入「必要で適切」=円安、急速か

シェール増産、機運高まらず=原油高も

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース