一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

「世界最大の花」が開花=茨城県つくば市〔地域〕



世界最大の「花」とされる「ショクダイオオコンニャク」が、国立科学博物館筑波実験植物園(茨城県つくば市)で開花した。国内では19例目の開花となり、同園では5回目。同じ個体の開花としては国内最多で、世界でも極めてまれなケースだという。

ショクダイオオコンニャクはインドネシア・スマトラ島の一部で見られるサトイモ科の植物。幾つもの花が集まって咲き、動物の死体のようなにおいが特徴的だ。非常に短命で、咲いて約3日後にはしおれてしまうという。

同園では2012年5月25日に初めて咲き、その後も14年、16年、18年、20年と1年置きに開花している。今年は1月18日と、異例の真冬の開花になった。高さは232センチ。

ショクダイオオコンニャクを一目見ようと、同園には多くの来園者が詰め掛けた。大阪市東淀川区から来たという会社員居上奈央さん(24)は、「生で見るのは初めて。世界で一番大きな花を見られて感慨深い」と話した。

2020年01月21日 10時34分

society


関連記事

座間9遺体事件、被告何語る=弁護側主

課題山積の洋上運用案=コスト、性能未

はやぶさ2、未知の小惑星に=「地球防

「責任認め、誠心誠意謝罪を」=国被告

持続化給付金不正、各地で=口コミ、S

「美女と野獣」の世界体験=新エリア、

ラグビーの街、熱気冷めず=コロナ逆風

入金強化、返金を阻止=自転車操業継続

塀の中の逸品、コロナで売れず=矯正展

「黒子に徹し」油除去=海保隊長、現地

コロナ下、距離難しく=非接触、インタ

大学、対面授業再開へ=感染防止「ハイ

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース