一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

「世界最大の花」が開花=茨城県つくば市〔地域〕



世界最大の「花」とされる「ショクダイオオコンニャク」が、国立科学博物館筑波実験植物園(茨城県つくば市)で開花した。国内では19例目の開花となり、同園では5回目。同じ個体の開花としては国内最多で、世界でも極めてまれなケースだという。

ショクダイオオコンニャクはインドネシア・スマトラ島の一部で見られるサトイモ科の植物。幾つもの花が集まって咲き、動物の死体のようなにおいが特徴的だ。非常に短命で、咲いて約3日後にはしおれてしまうという。

同園では2012年5月25日に初めて咲き、その後も14年、16年、18年、20年と1年置きに開花している。今年は1月18日と、異例の真冬の開花になった。高さは232センチ。

ショクダイオオコンニャクを一目見ようと、同園には多くの来園者が詰め掛けた。大阪市東淀川区から来たという会社員居上奈央さん(24)は、「生で見るのは初めて。世界で一番大きな花を見られて感慨深い」と話した。

2020年01月21日 10時34分

society


関連記事

和歌山、東京などで8人感染、10代は

乗客下船、19日開始=新たに88人の

発熱4日以上で相談を=高齢者、妊婦ら

ケフィア元代表ら9人逮捕=2200億

武漢から第5便到着=チャーター機派遣

相模原の看護師陽性=死亡女性を担当、

天皇誕生日の一般参賀中止=新型肺炎で

植松被告に死刑求刑=検察側、「極めて

新型肺炎感染者、国内で400人超す=

感染拡大、影響各所に=バイキング料理

騒音、パチンコ店超えの地域も=反対住

「楽しみにしていたのに」=新型肺炎で

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース