一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

消費者物価0.6%上昇=ガソリン下落で伸び幅縮小―19年平均



総務省が24日発表した2019年平均の全国消費者物価指数(15年=100)は、価格変動の大きい生鮮食品を除く総合指数が101.7となり、前年比0.6%上昇した。3年連続のプラスだが、ガソリン価格の下落などが影響し、伸び幅は18年の0.9%から縮小した。

項目別では、材料費や人件費などのコスト高を背景に外食や菓子類が上がり、電気代、ガス代も上昇した。一方、携帯電話の通信料や私立幼稚園の保育料が下落した。

昨年10月に消費税が増税されたが、軽減税率の導入や幼児教育・保育の無償化があり、年間を通じた影響は限定的だった。

同時に発表した昨年12月の消費者物価指数は前年同月比0.7%上昇の102.2だった。プラスは36カ月連続。外食や火災・地震保険料などが上昇に寄与した。同省は「緩やかな上昇傾向は続いている」(統計調査部)との見方を示した。

【時事通信社】

2020年01月24日 10時58分

economy


関連記事

相次ぐ企業説明会中止=採用活動に打撃

東京株、下げ続く=新型肺炎拡大が嫌わ

NY株大幅続落、879ドル安=新型肺

東京株、一時477円安=新型肺炎警戒

愛知の旅館が経営破綻=新型肺炎で初、

東京株、781円下落=新型肺炎警戒、

NY株、1031ドル安=新型肺炎拡大

東京株、急落=新型肺炎が世界を直撃―

NY株急落、一時997ドル安=新型肺

G20、政策総動員を明記=新型肺炎の

中国、感染対策との両立に苦慮=企業再

世界成長、3.2%に下げ=中国は30

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース