一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

大麻検挙、最多5034人=昨年、20代以下で急増―危険性認識低く・警察庁



2020年に警察が大麻事件で検挙した人数が前年比713人増の5034人となり、4年連続で過去最多を更新したことが8日、警察庁のまとめで分かった。20代以下で急増した。大麻の危険性への認識が低いことが要因とみられ、同庁は広報啓発を強化する。

20代が同590人増の2540人で半数を占め、20歳未満は278人増の887人だった。各年代のうち大学生は87人増の219人、高校生は50人増の159人でいずれも過去最多となり、中学生も8人いた。一方、30代以上は155人減った。大麻を栽培したとして検挙されたのは、68人増の232人と大幅に増えた。

大麻の所持容疑で検挙されたうち748人について警察庁が調査した結果、危険性の認識がない人は78.2%に上った。17年の調査から約14ポイント上昇し、危険性を軽視する傾向が強まっているとみられる。

大麻を初めて使用した年齢は20代以下が大半で、「誘われた」が最多。動機は「好奇心・興味本位」が最も多く、「その場の雰囲気」が続いた。危険性が低いという情報は「友人・知人」から得るケースが最多で、インターネットが続いた。

同庁は「大麻は脳に影響を与える違法薬物。危険性を正しく認識して、周囲からの誘いを断れるような広報啓発に努めたい」としている。

【時事通信社】

2021年04月08日 10時30分

society


関連記事

記憶伝え「命を守る」=学生下宿の大家

大阪、初の1000人超=兵庫も最多、

仮住まいピーク時の1%未満=進む復興

「改めて反対」「納得できず」=募る不

中部電、関電など立ち入り=事業者向け

万博公園で聖火リレー=コース周回、一

10年間の努力「水の泡」=風評被害と

手探りの感染対策、そろり=試行錯誤の

人の輝き「違いあってこそ」=車いすバ

ワクチン接種、緩みは禁物=「マスクな

高齢者のワクチン接種始まる=3600

「ありがたい」「安心」=高齢者ら笑顔

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース