一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

中国ロケット、インド洋に落下=米軍も確認、人的被害なしか



【北京、ワシントン時事】中国の宇宙当局は9日、4月下旬に打ち上げた大型ロケット「長征5号B」の残骸が同日午前10時24分(日本時間同11時24分)、大気圏に再突入し、インド洋に落下したと発表した。長征5号Bをめぐっては、米軍が「制御不能状態のまま大気圏に近く再突入する」として追跡情報を公表。国際的に懸念が高まっていたが、落下による人的被害などは報告されていない。

中国有人宇宙プロジェクト弁公室の発表によると、落下地点は北緯2.65度、東経72.47度の周辺海域。「ほとんどの部品は大気圏に再突入する過程で燃え尽きた」と説明した。一方、米宇宙軍は、残骸が日本時間同日午前11時14分ごろに大気圏に再突入し、モルディブ北方のインド洋に落下したと発表した。

中国は4月29日、最大の運搬能力を持つ長征5号Bを使って、独自の有人宇宙ステーションのコアモジュールを打ち上げ、地球周回軌道への投入に成功。2022年の完成・運用を目指し、今後も有人宇宙船や実験モジュールなど10回の打ち上げを計画している。

【時事通信社】 〔写真説明〕中国の大型ロケット「長征5号B」=4月23日、海南省の文昌発射場(AFP時事)

2021年05月09日 15時13分


関連記事

緊張緩和へ慎重対応=戦闘機からミサイ

G7、中東の緊張回避を要求=ウクライ

イスラエル、イランへ報復攻撃=防空作

安保理、パレスチナ加盟案を否決=米拒

1カ月半の投票始まる=モディ氏与党圧

イランで爆発音3回=イスラエルが報復

米英、イランに対抗措置=イスラエル攻

米、対イランで追加制裁=イスラエル攻

対話維持も火種くすぶる=台湾、南シナ

米中国防相が電話会談=1年5カ月ぶり

モディ氏与党優勢、19日投票開始=有

イラン制裁、ウクライナ支援を協議=G

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース