一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

東京五輪、無観客の幕開け=コロナ禍反映した開会式〔五輪〕



1964年以来2度目となる東京五輪は23日夜、開幕した。無観客の国立競技場(東京都新宿区)で開会式が行われ、天皇陛下が開会を宣言。テニス女子の大坂なおみ(日清食品)の手によって聖火がともされた。

新型コロナウイルスの影響で1年延期され、準備に紆余(うよ)曲折があったスポーツの祭典はいよいよ火ぶたが切られる。

式典は午後8時に始まり、日本のシンボルの富士山と太陽をステージ上で表現。暗闇の中で黙々とトレーニングをする女性アスリートの姿を通じて、コロナ禍で大会を目指してきた選手の内面を描いた。

64年五輪の重量挙げ金メダリスト、三宅義信さんらが日本国旗を運び、歌手のMISIAさんが君が代を独唱。日本の有名ゲーム音楽に合わせて各国・地域選手団が入場行進した。近代五輪発祥の地ギリシャが先頭を務め、日本は最後の206番目で旗手を務めるバスケットボール男子の八村塁(ウィザーズ)とレスリング女子の須崎優衣(早大)の先導で入場。原則として国・地域名の日本語五十音順で、マスク姿の選手は対人距離を取って行進した。その後、日本選手団の山県亮太主将(セイコー=陸上)と石川佳純副主将(全農=卓球)、コーチ、審判の代表者が宣誓した。競技場内での聖火リレーには、国民栄誉賞を受賞した元プロ野球選手の長嶋茂雄、王貞治、松井秀喜の3氏も登場した。

感染対策のため選手村には原則として競技開始5日前まで入村できないこともあり、入場行進参加者は約6000人に抑制。国際オリンピック委員会(IOC)や最高位スポンサーなどの大会関係者の入場も約900人に抑え、コロナ禍の運営が色濃く表れた。

【時事通信社】 〔写真説明〕聖火台に点火し、笑顔で手を振る大坂なおみ=23日、国立競技場 〔写真説明〕開会式で掲揚される日の丸=23日、国立競技場

2021年07月24日 00時10分


関連記事

横綱白鵬、引退の意向=歴代最多、優勝

照ノ富士が5度目V=大相撲秋場所千秋

川崎、またも土壇場逆転=2位横浜Mと

照ノ富士、新横綱V=史上9人目―大相

アマの中島が初優勝=金谷以来5人目の

横浜M、「ダービー」で分ける=浦和は

照ノ富士、新横綱Vに王手=1差で妙義

照ノ富士、2敗堅持=大相撲秋場所13

照ノ富士が2敗目=明生に不覚も単独ト

照ノ富士が10勝目=正代、御嶽海は給

照ノ富士が1敗守る=大相撲秋場所10

照ノ富士、初黒星=大栄翔が金星―大相

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース