一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

介護賃上げ、月6000円継続=来年6月以降は報酬改定で―厚労省



厚生労働省は、低賃金が指摘されている介護職員を対象に、来年2~5月に実施する月6000円相当の賃上げについて、2024年度介護報酬改定で6月以降も継続する方針を固めた。物価高騰を受けて他産業で賃上げが続く中、介護分野からの人材流出が深刻化。賃上げを持続させて、担い手を確保する狙いだ。

23年度補正予算には、来年2~5月の賃上げ分の経費が盛り込まれた。厚労省は、報酬改定までの「つなぎ」として補助金を活用して、賃上げ原資を事業所に配分。それ以降は、介護報酬の処遇改善加算を通じて対応する。報酬改定率によっては、賃上げ額が上積みされる可能性もある。

処遇改善加算に関しては、30日に開かれた社会保障審議会(厚労相の諮問機関)の分科会で、厚労省が見直し案を提示。現行の3種類の加算について、事務作業の煩雑さから取得のための手続きをしない事業所があるとして、一本化する。介護職員に重点的に充てることを基本に、事業所内で柔軟に配分できるようにする。現場の混乱を避けるため、1年間の経過措置を設け、25年度から本格実施する方向だ。

介護サービスの公定価格である介護報酬は3年ごとに見直される。24年度改定では、物価高騰や人材確保への対応が焦点。政府は年末までの予算編成過程で、改定率を決定する。

【時事通信社】

2023年11月30日 15時03分

administration


関連記事

予算案、来月1日の衆院通過期す=裏金

「間接支援」で対米ミサイル供与=政府

特養施設の混乱「教訓伝えたい」=語り

問われる高齢者・障害者避難=市町村の

新交付金、現役世代も対象=能登地震、

能登地震「支援を一層拡充」=岸田首相

「食料の武器化」に懸念=政府、不測時

母子手帳のデジタル化加速=スマホで健

物心両面でウクライナ支援=中国にらみ

日中、処理水巡り担当者協議=先月、首

「ポスト岸田」自民でうごめき=石破、

TSMCに7300億円支援=熊本第2

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース