一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

衆院政倫審、28・29日開催=安倍・二階派5人が弁明―自民「完全非公開」主張



自民、立憲民主両党は22日、自民派閥の政治資金パーティー裏金事件に関する衆院政治倫理審査会について、28、29両日に開くことで合意した。西村康稔前経済産業相ら安倍、二階両派幹部5人が出席し、弁明する。与野党は26日の政倫審幹事会で詳細を協議する。原則非公開の審査の公開に踏み切るかどうかが焦点だ。

政倫審の日程確定を受け、衆院予算委員会は2024年度予算案に関する分科会を27、28両日、予算案採決の前提となる中央公聴会を29日に開くことを立民などの賛成も得て議決した。分科会が中央公聴会に先行して行われるのは1958年以来。自民は3月2日までに予算案の衆院通過を図り、年度内成立を確実にしたい考えだ。

衆院政倫審の開催は2009年以来。自民執行部の意向を踏まえ、西村氏、松野博一前官房長官、塩谷立元文部科学相、武田良太元総務相、高木毅前国対委員長が22日、田中和徳審査会長に出席を正式に申し出た。塩谷氏は安倍派元座長で、西村、松野、高木各氏はいずれも「5人衆」に数えられる同派の事務総長経験者。武田氏は二階派事務総長を務めた。

申し出を受け、自民、立民両党の衆院政倫審幹事は対応を協議。自民が5人の意向として「完全非公開で行いたい」と伝えたのに対し、立民は「国民が見る中で行うべきだ」と報道各社などへの公開を求めた。弁明・質疑の時間は出席者1人当たり1時間とする案が出ている。26日に改めて議論する。

22日の自・立国対委員長代理会談で、自民は聞き取り調査の対象とした安倍、二階両派の衆院議員51人のうち、5人を除く46人の出欠意向調査の結果を報告。連絡が取れた42人がいずれも「状況を見ながら判断する」と回答したと説明した。これに対し、立民は安倍派5人衆の萩生田光一前政調会長や二階派を率いた二階俊博元幹事長の出席を重ねて要求した。

岸田文雄首相は22日、首相官邸で記者団に、出席者が少なく、自民党が非公開を唱えていることについて「政倫審は関係議員の意向が優先される仕組みだ。関係議員には説明を尽くすよう促し続けたい」と述べるにとどめた。立民の泉健太代表は党会合で「逃げも隠れもするのが自民党の姿勢だ」と批判した。

【時事通信社】 〔写真説明〕中央公聴会を2月29日に開くことを議決した衆院予算委員会=22日午後、国会内 〔写真説明〕記者団の質問に答える岸田文雄首相=22日午後、首相官邸

2024年02月22日 19時34分


関連記事

「適切な対応取る」=円安進行に、日本

共同親権法案、今国会成立へ=衆院通過

スパコン整備に巨額支援=AI開発加速

国政補選、政権浮沈に影響=福田・菅首

支援金、試算小出しに批判=政府は「実

築地、三井不動産などが再開発=5万人

自民、皇族確保の政府2案「妥当」=近

中東情勢を憂慮、邦人被害なし=イラン

感染症危機、国が調整・指示=「機動的

教員月給上乗せ「10%以上」=教科担

少子化関連法案、衆院通過=支援金徴収

自民派閥「偽装解散」指摘も=政治団体

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース