一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

市村正親「できるだけ長く続けたい」 「ミス・サイゴン」製作発表、高畑充希も登場



東京・帝国劇場で5月から上演されるミュージカル「ミス・サイゴン」の製作発表会見が26日、東京都内で行われ、キャストの市村正親、高畑充希、大原櫻子らが出席した。

ベトナム戦争下のサイゴン(現ホーチミン)を舞台に、ベトナム人少女キムと米兵クリスの愛などを描く同作には、1992年の日本初演から出演している市村。2016年から17年にかけて行われた前回公演を最後に、同作からの“卒業”を表明していたが、今回は駒田一、伊礼彼方、東山義久と共にエンジニア役を演じることになった。

この日、「心境が変わった理由は?」と尋ねられた市村は、「前回、卒業しようとは思っていなかった。(「卒業する」と言う方が)お客さんが入るかなと思って」とコメント。また、「できるだけ長く続けたい。息子がクリスをやるぐらいまでは」とも語り、同作に懸ける意欲を新たにした。

さらに、今回の意気込みとして「またゼロからやってみたい。なるべく前にやったことのないような方向から、演出家と一緒に(舞台を)つくっていけたら」と話していた。

新キャストの高畑は、大原、昆夏美、屋比久知奈と共にキム役を演じる。これまでに「『ミス・サイゴン』を何度も見ていた」という高畑。「キム役はすごく大きくて、ちょっと遠い存在だったけれど、チャレンジできるなら(年齢的に)そろそろ最後かなと思ったので、オーディションを受けた」と明かし、「決まったときはびっくりしたし、すごくうれしかった」と振り返った。

そして、「今はプレッシャーもありますが、きょう初めてお会いできた方も多くて、ワクワクが膨らみました。稽古がすごく楽しみ」と張り切っていた。

「ミス・サイゴン」は帝国劇場で5月23日から6月28日まで。その後、全国8カ所でも上演される。 〔写真説明〕ミュージカル「ミス・サイゴン」の製作発表会見で撮影に応じる市村正親(左から4人目)ら=26日、東京 〔写真説明〕会見でコメントする市村正親。「『ミス・サイゴン』を卒業する気はなかった」などと語った=26日、東京 〔写真説明〕会見で歌を披露する「ミス・サイゴン」のキャスト=26日、東京

2020年02月26日 19時31分


関連記事

ソフトバンクは選手が要望、自主練習開

五輪再スタート厳しく=準備にマイナス

スポーツが消えた日常=新たな役割考え

東京五輪「来夏しかなかった」=渡辺守

消えた欧州の日常=公式戦再開めど立た

選手村マンション、補償焦点=入居遅れ

4月24日開幕断念、当面延期=レギュ

夏・名古屋場所を2週間延期=中止や変

プロ野球、開幕当面延期=Jリーグは再

再開日程を白紙=早くても5月下旬―J

コロナ感染の田嶋会長退院=五輪はU2

ウィンブルドン、75年ぶり中止=戦争

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース