一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

ファーウェイ副会長の審理開始=米送還可否を判断―被告側「カナダでは罪に当たらず」



【ニューヨーク時事】米国の要請に基づきカナダ当局に逮捕された中国通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)副会長兼最高財務責任者(CFO)、孟晩舟被告(47)の米国への身柄引き渡しの可否をめぐる審理が20日、西部バンクーバーの裁判所で始まった。米国での起訴内容がカナダでも罪に当たるかが主な争点。ハイテク分野で覇権を競う米中両国の対立の象徴として、審理の行方は高い関心を集めている。

孟被告はファーウェイ創業者の任正非・最高経営責任者(CEO)の娘。2018年12月にカナダで逮捕され、19年1月に米司法省によって起訴された。米国の対イラン制裁を逃れるため金融機関に虚偽の説明をしたとして、銀行詐欺などの罪に問われている。保釈後はバンクーバーの自宅で暮らしているが、中国はカナダに身柄の早期釈放を求めている。

孟被告の弁護人は意見陳述で、カナダは米国の対イラン制裁を受け入れておらず、カナダでは罪に当たらないと主張。罪状は被告を米国に送還しやすくするための「見せ掛け」だと訴えた。

カナダメディアなどによると、孟被告はこの日、黒地に白の水玉模様のワンピース姿で出廷。左足首には全地球測位システム(GPS)付きの追跡装置が付けられていた。傍聴席は各国の報道関係者ら約150人で満員になった。

〔写真説明〕20日、カナダ西部バンクーバーの裁判所に出廷する中国通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)副会長兼最高財務責任者(CFO)の孟晩舟被告(AFP時事) 〔写真説明〕20日、カナダ西部バンクーバーの裁判所で始まった審理に出廷した中国通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)副会長兼最高財務責任者(CFO)、孟晩舟被告を描いたスケッチ(AFP時事)

2020年01月21日 11時02分


関連記事

中国念頭、戦略的連携強化へ=トランプ

全人代、延期正式決定へ=新型肺炎、2

サンダース氏連勝=民主指名争い、「決

米大統領選、再びロシア介入か=トラン

「二兎」追う中国指導部=湖北・北京以

民主指名、23日に第3戦=サンダース

英王子夫妻「ロイヤル」使わず=3月の

新型肺炎死者、2300人超=感染者7

アフガン、22日に事実上の停戦=政府

アフガン、事実上の停戦開始=和平調印

感染者数、診断基準で激変=訂正で混乱

正念場のブティジェッジ氏=第3戦、「

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース