一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

緊急事態宣言解除、医療状況を勘案=大阪「厳しい」、東京「要警戒」―加藤官房長官



加藤勝信官房長官は22日の記者会見で、10都府県に発令中の緊急事態宣言を3月7日の期限を待たずに解除するかどうかに関し、「感染状況や医療提供体制の状況などを踏まえ、自治体とも緊密に連携しながら対応していく」と述べ、慎重に判断する方針を示した。

大阪府は京都府、兵庫県と足並みをそろえた上で近く政府に解除を要請する方針。加藤氏は大阪府の現状について「新規感染者数の減少が続く一方、医療提供体制は厳しい状況であり、高齢者施設などのクラスターが継続的に発生している」と指摘した。

22日の新規感染者が178人だった東京都についても「減少傾向が続いているが、引き続き警戒が必要な状況だ」と語った。

2021年02月22日 18時05分

politics


関連記事

宣言解除後の再拡大防止を=コロナ対策

低所得国ワクチン支援で結束=財政、金

防げるか感染再拡大=「時短」奏功、緩

会見先送り、透ける「山田隠し」=菅首

関西・中部・福岡で先行解除=緊急事態

小池都知事、コロナ「第4波」を警戒=

28都道府県「前年並み」=供給過剰の

6府県の緊急事態宣言、月末解除へ=イ

次官ら3人を減給=農水省、6人処分発

サンマ漁獲枠、4割削減=上限33万ト

農政、募る疑念=鶏卵大手との癒着露呈

山田広報官、続投を表明=「深く反省」

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース