一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

3月の街角景気、過去最悪=リーマン後下回る



内閣府が8日発表した3月の景気ウオッチャー調査によると、街角の景況感を示す現状判断指数(季節調整値)は前月比13.2ポイント低下して14.2に落ち込んだ。リーマン・ショックで世界的な金融危機に陥った2008年12月(19.0)を下回り、比較可能な02年1月以降、最悪となった。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う外出自粛やサプライチェーン(部品供給網)の混乱で、個人消費や企業活動が停滞し、景気に深刻な打撃となっていることが浮き彫りになった。

調査は3月25~31日に実施した。内閣府は3月の基調判断を前月の「急速に厳しい状況となっている」から「極めて厳しい状況にある」に下方修正。2~3カ月先の見通しを示す先行き判断指数は5.8ポイント低下の18.8と、08年12月(21.3)を下回って過去最低で、基調判断でも「一段と厳しさが増すとみている」と指摘した。

【時事通信社】

2020年04月08日 17時48分

economy


関連記事

米雇用、本格回復は道のり長く=失業率

トランプ米大統領、大型減税表明=再選

NY株、大幅続伸=雇用統計好感し一時

米破産法申請、急増=コロナ打撃、5月

「脱炭素宣言」に130社超=トヨタや

米失業13.3%に改善=経済対策で最

景気動向指数、過去最大の下げ幅=コロ

4月消費、11.1%減=落ち込み最大

人種問題に配慮、自衛策も=対応急ぐ日

中国旅客機の乗り入れ禁止=対抗措置、

夏用マスク、快適さ競う=コロナ対策、

上場企業、株主総会への来場ご遠慮を=

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース