一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

入国から出国、わずか半日=テイラー容疑者、息子と協力―ゴーン被告逃亡・米記録



米検察当局が現地裁判所に提出した日本の捜査に基づく記録によると、米陸軍特殊部隊グリーンベレーの元隊員マイケル・テイラー容疑者(60)と息子のピーター容疑者(28)は、役割を分担し綿密な計画を練った上で、日産自動車前会長カルロス・ゴーン被告(66)のレバノン逃亡を手助けしていた。テイラー容疑者は日本入国からわずか半日で、ゴーン被告と共に出国した。

記録などによると、テイラー容疑者は、ジョージ・ザイエク容疑者(61)=所在不明=と共にプライベートジェット(PJ)でドバイを出発し、逃亡当日の2019年12月29日午前10時10分ごろ関西空港に到着。PJはコンサートの音響機器運搬に使われる黒い楽器箱2個を積んでいた。

一方、ピーター容疑者は、保釈中だったゴーン被告と19年7月以降、少なくとも7回面会。逃亡前日の同12月28日にも訪日して東京都内の高級ホテルの部屋を手配し、ゴーン被告とホテルで約1時間会っていた。

逃亡当日、テイラー、ザイエク両容疑者は新幹線で新大阪駅から東京に到着し、ゴーン被告、ピーター容疑者と合流。ピーター容疑者だけがその後、成田空港から中国へ飛んだ。

残る3人は、品川駅から新大阪駅に移動して関空へ向かい、午後11時10分ごろ、PJで不法に出国した。ゴーン被告は楽器箱に隠れていたとみられ、米メディアは箱の底に呼吸用の穴があったと報じている。

ゴーン被告はトルコで別の飛行機に乗り換え、レバノンへ。その後、テイラー容疑者は昨年2月、ピーター容疑者は同3月にそれぞれドバイから米国に戻ったという。

【時事通信社】

2021年03月02日 19時56分

society


関連記事

「ありがたい」「安心」=高齢者ら笑顔

高齢者のワクチン接種開始=5月本格化

「あの日の教訓伝える」=益城町主催で

侮辱罪法定刑、見直し検討=ネット中傷

高齢者接種、作業手探り=供給量限定で

痛みや発熱、免疫できる兆候=専門家「

高齢者ワクチン、12日開始=第1弾、

接種率向上に優遇策さまざま=地域活性

「タイミング厳しい」「意味ない」=G

変異型、1カ月で4倍超に=強い感染力

国内累計50万人超=大阪、新たに88

トルコ人ランナー「みんな一つ」=友好

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース