一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

女性の権利、戻った時計の針=米最高裁判決



【ワシントン時事】米連邦最高裁が半世紀にわたり守られてきた人工妊娠中絶の憲法上の権利を否定した。女性にとっては自身の肉体や人生設計に関する「自己決定権」の剥奪を意味する。時計の針を戻すような判決には、トランプ前大統領の下で進んだ最高裁の「保守化」が背景にあった。

9人で構成される最高裁判事は終身制を採る。欠員が生じ次第、大統領が後任候補を指名し、上院の承認を経て任命される仕組みだ。在任中に現職判事の死去や引退が重なったトランプ氏は、支持基盤の期待に沿うよう新たに3人の保守系判事を指名。その結果、判事のバランスは保守系6人、リベラル系3人となった。

米公共ラジオ(NPR)などが5月に行った世論調査では、64%が中絶の権利を認めた1973年の「ロー対ウェイド判決」を「覆すべきでない」と答えた。しかし、回答を支持政党別に見ると、民主党支持層では93%なのに対し、共和党支持層はわずか34%にすぎない。

共和党支持者の中でも特に、キリスト教福音派を筆頭とする伝統的な宗教観を持つ層にとっては中絶は胎児の命を奪う「殺人行為」。最高裁による中絶の権利無効化は長年の悲願だった。判事構成の変化に連動するように、共和党主導の保守的な州はここ数年、中絶を制限する法整備を着々と進めてきた。

最終的な司法判断が下ったことで、今後の焦点は各州の動きに移る。保守州が規制を強化する一方、リベラルな州は中絶希望者や施術を行う医療機関を保護するための法制定を急いでいる。女性の権利をめぐる対応が州ごとに固定化され、米社会の分断が一層進む恐れがある。

【時事通信社】

2022年06月25日 05時41分

international


関連記事

台湾統一へ「武力放棄せず」=白書発表

独首相に疑惑浮上=税の不正還付、当局

熱波で水不足=利用制限、熱中症警報―

中国軍船に異例の寄港延期要請=「スパ

大統領選の投票実施=暴力回避へ厳戒態

占領地の博物館「再建」目指す=2度の

原発攻撃に懸念広がる=チェルノブイリ

台湾軍が重砲射撃訓練を実施=中国も演

米、台湾周辺の演習非難=バイデン氏、

ウクライナ、国際調査団を要請=ザポロ

台湾海峡の現状変更に「口実」=米議長

ロシア軍、死傷者8万人か=米、ウクラ

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース