一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

予備役、28日に出国禁止=逃亡・抗議に「アメとムチ」―「愛国主義」機能せず・ロシア



ロシアのプーチン政権はウクライナ侵攻に絡み、予備役の男性を28日にも出国禁止にする方向だ。21日に発表した予備役「30万人」(ショイグ国防相)の部分動員令に国民の懸念が高まり、逃亡者が続出したことが背景にある。大義があいまいな上に侵攻が長期化し、沈静化していた抗議デモも再燃。一時金支給案が持ち上がるなど、アメとムチで対応するしかない状況だ。

◇渋滞10キロ

モスクワに複数ある国際空港は25日、出国便を待つ男性らでごった返した。シェレメチェボ空港の広報担当者は「通常通り」と地元紙に強弁したが、行列はターミナルの外まで延びた。

2月の侵攻開始を受けて欧州連合(EU)圏との直行便がなくなったため、多くのロシア国民の行き先はビザ(査証)なしで入れるアルメニアやキルギスといった旧ソ連構成国が中心。それでも「出られるうちに」と、ジョージア(グルジア)国境には長さ10キロ以上の車列ができた。現地からの報道によると、大渋滞に巻き込まれたトラック運転手は「悪夢よりひどい」と漏らした。

プーチン大統領は動員令を発表した21日の演説で、編入に向けた「住民投票」が行われるウクライナ東・南部を「歴史的領土」と位置付け、防衛するよう訴えた。地方での即時動員が国営メディアなどで伝えられる一方、都市部で見られるのは、累計2000人以上が拘束された反戦デモや、空港での出国者の海。「お上」が国民に押し付けた「愛国主義」は、いざというときに機能しないことが露呈した。

◇応じれば75万円

プーチン政権も手をこまねいているわけではない。各地で街頭に繰り出し、動員令に真っ向から異を唱えるデモ参加者に対して、逆手を取って拘束時に警察署で招集令状を交付した。

実際、デモに加わることは「徴兵逃れ」で身を隠すのと矛盾する行動。そのため若者の母親らの姿が目立ち、人権団体によると、21日の拘束者の51%が女性だった。デモを組織したサンクトペテルブルクの反体制派団体は「抗議は続く」と宣言している。

一方、大統領令の非公開部分に対象者が「100万人」規模と記されていると独立系メディアが指摘する中、政権は総動員でないと火消しに腐心。IT技術者や記者、銀行員らは動員の対象外だと例示した。本来なら徴兵猶予の学生に関しては、通信教育や私立学校でなければ、招集されないと確認した。

混乱収束の気配はなく、超党派の下院議員団は、招集に応じた予備役に30万ルーブル(約75万円)の一時金を支給する法案を上程した。それでも命には代えられず、苦肉の策が奏功する可能性は低そうだ。

【時事通信社】 〔写真説明〕25日、ロシア南部ウラジカフカス郊外で、出国のため渋滞ができたジョージア(グルジア)国境(AFP時事)

2022年09月26日 14時41分


関連記事

風紀警察「廃止」言及=デモ長期化で配

防疫措置、徐々に緩和=習政権、不満沈

15年前の「戦争」糧に=サイバー防衛

ロシア「10日で制圧」失敗=ウクライ

エネルギー輸送保証なら「撤退」=ウク

「コロナに人々いら立ち」=中国主席、

ロシア・ウクライナ、非難応酬=互いに

中国のコロナ対策緩和歓迎=「人権との

中国、週末の抗議再燃警戒=ネット規制

プーチン氏と「話す用意」=ウクライナ

コロナ対策、各地で緩和=抗議後、不満

ロシア世論「停戦」が多数派=動員影響

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース