一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

値下げ競争から方針転換=カルテル主導の関電―他社幹部「もらい事故」



大手電力会社のカルテル問題で、電気料金の値下げ競争が激化し、利益率の低下を懸念した関西電力がカルテルを主導していたことが1日、関係者への取材で分かった。

関電は2017年7月、高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の再稼働を受け、電気料金を値下げすると明らかにした。企業向けの値下げ率は平均4.9%。東京電力福島第1原発事故後、2度にわたり値上げを実施し、顧客の流出が続いていた関電にとって、反転攻勢のきっかけとなった。

18年春にはセブン―イレブン・ジャパンが中部、中国、四国地方で3000店以上構えるコンビニへの電力供給を開始。他社の大口取引先を奪うなど顧客獲得競争に注力する一方、「利益率は値下げの影響で薄くなっていた」(関係者)という。

業界関係者によると、さらなる競争は経営に響くとみた関電は、他社エリアへの進出を抑制する方針に転換した。中部電力や九州電力などの幹部に対し、互いのエリア外での営業を見合わせるよう持ち掛けたとされる。

しかし、19年9月に高浜原発が立地する高浜町の元助役(故人)から、複数の関電幹部が金品を受領していた問題が発覚。社内では、カルテルも意図しない形で明るみに出る事態を懸念する声が上がり、課徴金減免制度に基づき違反を自主申告する判断に傾いたという。

関電が自主申告で課徴金を免れる見込みとなったことについて、処分案の通知を受けた他社の幹部は「釈然としないというか、われわれからしたらもらい事故みたいなものだ」と話した。

【時事通信社】 〔写真説明〕関西電力本店(関電ビルディング)

2022年12月01日 17時36分


関連記事

電通側「受注調整」認める=複数幹部、

コード断線の火災注意=神戸8人死傷で

インフル、全国拡大顕著=流行1カ月、

GW明け移行、期待と懸念=観光地「遅

新型コロナ「5類」引き下げ、5月8日

「Shimada」名義で指示か=「ル

特殊詐欺でも比から指示か=「ルフィ」

「キム」名乗る人物が指示役か=押収の

組織委元次長、入札辞退要求か=「他社

「私は無実」変わらず訴え=有罪確定も

路上のガム、取り続け20年=460万

「闇バイト」投稿、警告1.5倍=甘言

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース