一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

俳優ら実演家、強まる懸念=「数時間で全てスキャン」―専門家は法整備指摘・生成AI



「数時間で全ての音域、声色をスキャンされる」。対話型人工知能(AI)「チャットGPT」に代表される生成AIの急速な進展に対し、声優や俳優ら実演家の懸念が強まっている。日本芸能従事者協会(森崎めぐみ代表理事)は実演家らの権利保護を国に要望。専門家も法整備の必要性を指摘している。

同協会は会員にヒアリングを実施。ゲーム開発向けなどのため「動作」をデータ化するモーションキャプチャーに応じているというスタントマンは「『危険だから』とAIばかりになれば、技術も継承できず、死活問題になる」と回答した。舞踊家からは「映像上の舞踊をコピーされたらどうにでもなるし、振付師の存在価値もなくなる」と不安の声が上がったという。

森崎代表は「AIに表現の技術を奪われると、多くの実演家らが仕事を失いかねない」と訴えた。

芸能従事者の契約や権利に詳しい佐藤大和弁護士は、実演家らの権利保護のため(1)顔や姿を含む肖像や声、動きなどに関する権利の法律による明文化(2)どのようなデータを基に生成したかなどの開示義務(3)対価の支払い義務(4)本人の意に沿わない使用の差し止め規定―などの必要性を指摘。「文化の発展とのバランスを取りながら、AI新法などの法整備が必要だ」と話した。

文化庁は、AIを利用して生成した画像などの販売に関し、既存の著作物との「類似性」や「依拠性」が認められれば、通常の著作権侵害と同様に損害賠償請求などが可能で、刑事罰の対象にもなるとの見解を示している。同庁はAIと著作権の関係などについて啓発活動をする方針だ。

〔写真説明〕対話型人工知能(AI)「チャットGPT」のパソコン画面

2023年05月26日 15時30分


関連記事

元医師、起訴内容を否認=「共謀、実行

奈良のシカ「おじぎ」減る=コロナ禍の

運転席の巡査部長狙う=パトカー到着直

タリウムの見積もり依頼=容疑者、大学

叔母にもタリウム使用か=殺人未遂容疑

役所広司さん男優賞=日本人2人目、カ

動機や役割焦点=元医師、29日初公判

遺体を自宅敷地に移動=「孤独ばかに」

銃所持、8年前に規制緩和=精神科医に

国内初レベル4、運行開始=7人乗りカ

「熱意や情熱貫きたい」と役所さん=映

「孤独ばかにされた」=青木容疑者、思

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース