一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

イスラエル軍、ガザで戦闘再開=「ハマスが合意違反」―パレスチナ人100人超死亡



【エルサレム時事】イスラエル軍は1日、パレスチナ自治区ガザでイスラム組織ハマスとの戦闘を再開した。戦闘は11月24日から休止に入り、2度延長されたが、1日午前7時(日本時間同日午後2時)の期限までに3度目の延長はなされなかった。AFP通信はガザ保健当局の情報として、イスラエル軍の攻撃再開によりガザの死者は109人に達し、数百人が負傷したと伝えた。

イスラエルのネタニヤフ首相は声明で、「ハマスが合意に違反した」と再開の理由を説明。「女性の人質を解放する義務を果たさず、イスラエル市民へロケット攻撃を加えた」とハマスを非難した。

イスラエルとハマスの協議を仲介するカタールの外務省は1日、戦闘再開後も仲介当事者が休止実現に向けた働き掛けを続けていると発表したが、空爆強化で「仲介の努力が複雑になり、ガザでの人道的惨禍は悪化する」と懸念を示した。戦闘休止までにガザでは1万4000人以上が死亡しており、人道危機の一層の悪化が懸念される。

イスラエル軍によると、1日朝の期限切れ直前にガザからのロケット弾を迎撃。その後、ガザ境界付近を対象に空襲警報が繰り返し発令された。軍は「ハマスのテロ拠点200カ所以上を空爆した」と強調。ガザの広範囲への激しい空爆で、多数の民間施設も被害を受けているもようだ。

これに対しハマスの軍事部門はSNSで、「民間人を標的としたことへの報復」として、イスラエル南部アシュケロンやスデロトなどにロケット弾を発射したと表明。イスラエル領内の基地やガザ市周辺に展開する軍部隊も攻撃したと主張し、徹底抗戦の構えを見せた。

【時事通信社】 〔写真説明〕1日、イスラエル軍の空爆を受け、パレスチナ自治区ガザの建物から上がる煙(AFP時事) 〔写真説明〕1日、パレスチナ自治区ガザ南部ラファの難民キャンプで、イスラエル軍の空爆再開を受けて涙を流す女性(AFP時事) 〔写真説明〕1日、エルサレム市街地を銃を携えて歩くイスラエル軍兵士

2023年12月01日 23時54分


関連記事

ウクライナに「揺るぎない支援」=北朝

ナワリヌイ氏遺体、母に引き渡し=「埋

ウクライナ侵攻2年、熱気欠く国連総会

「領土奪還より話し合いを」=欧州、期

「730日分勝利に近づいた」=ウクラ

共和候補選び、第5戦開始=トランプ氏

アート「武器」に平和実現を=不屈精神

日米欧、侵攻2年でロシア非難=総会、

ゼレンスキー氏、支援継続訴え=「現代

ガザ休戦協議、開始=「戦後」も治安管

内向き米国、ウクライナ支援途絶=大統

増える徴兵逃れ、前線疲弊=賄賂や偽造

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース