一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

ダイエットに糖尿病薬処方=オンライン診療でトラブル多発



オンライン診療で「ダイエット薬」として糖尿病治療薬を処方され、体調不良などトラブルになるケースが相次いでいる。安全性と有効性が確認されていないとして、国民生活センターなどが注意を呼び掛けている。

日本糖尿病学会などによると、薬は、糖尿病の治療用として承認されている「GLP―1受容体作動薬」。食欲を抑える働きがあるとされ、本来とは違う痩身(そうしん)目的で処方する例が急増。必要な患者に届かない事態が懸念されている。

国民生活センターによると、痩身目的のオンライン診療では、副作用を説明しなかったり、初診で基礎疾患の聞き取りが不十分なまま数カ月分処方したりする例が目立つ。

インターネットサイトをきっかけにオンライン診療を受けた40代女性も、服用中の薬や持病の確認なしに、治療薬を処方された。医師は「効果のため6カ月服用して」と話したが、1カ月で頭痛や吐き気などに襲われた。

全国の消費生活センターに寄せられる相談では、副作用などを理由に返品や中途解約を申し出たが応じてもらえないとの内容も多い。ただ、医師の判断で種類や量を決める処方薬は特定商取引法などが適用できず、キャンセルすることは難しいという。

国民生活センターの担当者は「医師が診てくれるならと期待しがちだが、説明に不安があるならやめて」と、慎重な検討を求めている。

【時事通信社】

2024年02月24日 15時39分

society


関連記事

「ナノテラス」が本格運用=物質分析で

東京労災病院医師を逮捕=機器選定で5

「2人の命、無駄にしない」=事故から

「加害者の経験」再発防止の糧に=事故

新制度で「速やかな救済を」=水俣病訴

新潟水俣病、特措法対象外も救済=原因

藤原定家の自筆本見つかる=古今和歌集

愛媛などで9人軽傷=震度6弱、被害確

愛媛、高知で震度6弱=津波なし、転倒

「阪神大震災思い出した」=深夜の大揺

輪島塗復活へ、Uターン女性奮闘=「技

窒素固定する細胞小器官発見=「ニトロ

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース